大島屋蒟蒻店は、福島県白河市にある蒟蒻屋です。
帽子とメガネがトレードマークの僕は
東京で舞台俳優をしていた時に今の奥さんと出会い、結婚。
彼女の実家をついで8代目として日々蒟蒻と向き合い奮闘しています。
店頭や食卓では、あまり主役になることのない蒟蒻だけど
品質が高くて味染みの良い本物の蒟蒻は
日本食文化の名役者です。僕は蒟蒻のそういうところが大好きです。
「おいしくて、おもしろくて、 かっこいい。」
そんな蒟蒻をひとりでも多くの人に楽しんで貰えるように、
僕らはこれからもずっと蒟蒻をつくり続けます。

大島屋蒟蒻店は、福島県白河市にある蒟蒻屋です。帽子とメガネがトレードマークの僕は東京で舞台俳優をしていた時に今の奥さんと出会い、結婚。彼女の実家をついで8代目として日々蒟蒻と向き合い奮闘しています。店頭や食卓では、あまり主役になることのない蒟蒻だけど品質が高くて味染みの良い本物の蒟蒻は日本食文化の名役者です。僕は蒟蒻のそういうところが大好きです。「おいしくて、おもしろくて、 かっこいい。」そんな蒟蒻をひとりでも多くの人に楽しんで貰えるように、僕らはこれからもずっと蒟蒻をつくり続けます。

お父さんは大島屋の7代目であり、僕たちの蒟蒻づくりの先生。
蒟蒻をつくり続けて45年の大ベテランだ。
人あたりは柔らかいけれど、決して折れない頑固さは
蒟蒻職人ならではなのかも知れない。
そして冬は蒟蒻づくり、夏は花火職人で今も花火をあげています。
僕たち大島屋は江戸時代から続く花火屋でもあります。
大島屋蒟蒻店のロゴは花火職人と蒟蒻づくりの二足のわらじを履く
お父さんとご先祖様たちへの敬意が込められています。

お父さんは大島屋の7代目であり、僕たちの蒟蒻づくりの先生。蒟蒻をつくり続けて45年の大ベテランだ。人あたりは柔らかいけれど、決して折れない頑固さは蒟蒻職人ならではなのかも知れない。そして冬は蒟蒻づくり、夏は花火職人で今も花火をあげています。僕たち大島屋は江戸時代から続く花火屋でもあります。大島屋蒟蒻店のロゴは花火職人と蒟蒻づくりの二足のわらじを履くお父さんとご先祖様たちへの敬意が込められています。

創業は文政年間(西暦1820年前後)。参勤交代時代に夏は花火を、
冬には蒟蒻製造を生業に大名より「大島屋」の屋号を賜りました。
以来約200年に渡り当地で事業を行っています。
また平成27年には母屋の土間を改装して「大島屋蒟蒻店(ショップ)」をオープン。
よく蒟蒻屋さんだとは思わなかった!雑貨屋さんのようだね、と言われます。
食卓に並ぶ蒟蒻もお気に入りのお店で、お気に入りの食材として
気軽に選んでほしいという思いから。
そしてなにより、毎日の食事が蒟蒻でより楽しい時間になれたら
それはとてもうれしいことです。

創業は文政年間(西暦1820年前後)。参勤交代時代に夏は花火を、冬には蒟蒻製造を生業に大名より「大島屋」の屋号を賜りました。以来約200年に渡り当地で事業を行っています。また平成27年には母屋の土間を改装して「大島屋蒟蒻店(ショップ)」をオープン。よく蒟蒻屋さんだとは思わなかった!雑貨屋さんのようだね、と言われます。食卓に並ぶ蒟蒻もお気に入りのお店で、お気に入りの食材として気軽に選んでほしいという思いから。そしてなにより、毎日の食事が蒟蒻でより楽しい時間になれたらそれはとてもうれしいことです。

NEWS

NEWS

地元はもちろん、都内でのイベントにも参加しています。
イベントへのお誘い、蒟蒻のお取り寄せなど
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご記入いただき、送信ボタンを押してください。

*お名前

*ふりがな

*メールアドレス

*メールアドレス
(確認用)

*お電話番号

*お問い合わせ内容

*は必須項目です。

お問い合わせ

地元はもちろん、都内でのイベントにも参加しています。
イベントへのお誘い、蒟蒻のお取り寄せなどお気軽にご連絡ください。

*お名前

*ふりがな

*メールアドレス

*メールアドレス(確認用)

*お電話番号

*お問い合わせ内容

*は必須項目です。